news

 

開放的で上下階がつながりのある空間。光、音、風・・・、その以外にも行き交うものがあります。

それは・・・・

⇒⇒ SaKABE KENCHIKU ブログ

出っ張りがなく家具が納まっていたり、間仕切り壁が収納棚になっていたり、

造り付け家具をオススメするポイントはそれだけではないんですね。

それは・・・・

⇒⇒ SaKABE KENCHIKU ブログ

住宅の外観で、本当によく目につき印象がガラリと変わるポイントとは

それは・・・・

⇒⇒ SaKABE KENCHIKU ブログ

 【日進市モデルハウスの水道光熱費】 ※4人家族が実際に生活してます。

2021-09-16 17.58.49.png

 

【建物の断熱気密性能】※所在地:愛知県日進市(6地域)

 ・外皮平均熱貫流率(UA値)0.31W/㎡K

 ・気密性能(C値)0.39cm2/㎡ ※完成後に気密測定を実施

 ・一次エネルギー消費量(BEI)0.45

 

吹抜けのあるリビングキッチンで仕切りのないような大空間でも、

玄関や水回りでも年間を通じて快適な室内環境」を実現しています。

 

冬場の室温:おおよそ18~20℃  夏場の室温:おおよそ28~30℃ 

 

ガス代: 33,076円/年間  2,756円/月平均

電気代:103,346円/年間  8,612円/月平均

上下水: 44,239円/年間   3,687円/月平均

トータル:180,661円/年間 15,055円/月平均

 

年間を通して、太陽熱利用できる「次世代ソーラーシステム/そよ風」を運転しています。

 

冬場は軒先から取り入れた空気を屋根面温め「そよ風の取入モード」で床下へ温めた空気を送り、

1階の床全体が床暖房をしているようにポカポカと温かいです。これは嬉しいです。

 

夏場は2階の勾配天井の棟付近にたまった空気を「そよ風の排気モード」で屋根面を通って軒先から排出し

屋根を「30~32℃程度」に冷やしています。

夏場の日中、屋外の温度が「35℃以上」のとき、屋根面の温度は「60℃以上」になります。

 

冬場、夏場に寒暖が厳しくなってくると「除湿型放射冷暖房/ピーエス」を補助冷暖房として運転します。

冬場でも温水の設定温度を「30℃」程度、夏場は冷水の設定温度を「25℃」程度に設定し

24時間運転しています。※熱源はヒートポンプ式の「エコヌクール・ピコ」です

 

水道光熱費の中で「電気代」が一番高く、特に寒暖が厳しい季節に金額が高くなります。

 

これからの家は「高気密・高断熱」で建物の性能を上げることと

窓から入る太陽熱を上手く「取り入れたり、遮断したり」のコントロール

をもっと活用すればランニングコストを抑えるだけでなく室内環境を心地よく快適にできます。 

 

 

 

家族の時間が楽しくなること、大らかに子育てをできること

それは・・・・

⇒⇒ SaKABE KENCHIKU ブログ

1 2